本文へスキップ


主な活動mainly Actibities

海外での調査

ロシア
 
ロシアの湿地―それはまさに広大な原野です。
それと比べると,日本最大を誇る釧路湿原など,まさに箱庭的でしかありません。

RCCの前身のタンチョウ保護調査連合では,1997年から2005年まで4回にわたって,地球環境基金の助成を得て,また2012年から2014年までの3年間、環境省科学研究総合推進費の一環で、極東地域のタンチョウ生息地を,ロシアの研究者とともに調査しました。その調査には,やはり飛行機が欠かせません。日本ではめったにお目にかかることも乗ることもできない,複葉機(アントノフ An‐2)(下の写真)で,ウスリー川流域を飛んだこともあります。
アムール川(黒竜江)とその支流域は,タンチョウやマナヅル,さらにナベヅルなどの繁殖地になっています。タンチョウとマナヅルは,スゲ群落を主とする同じような開けた環境で繁殖しますが,ナベヅルは少し樹木の混じる湿地(ロシア語でマーリ)に住んでいます。
この地域では自然河川が自由に蛇行して,見渡す限りの平らな湿地が広がります。しかし,効率的に餌を採れる環境が少ないのか,タンチョウの生息密度は高くありません。

さらに,繁殖を妨げる要因のひとつが,毎年のようにおきている大規模な野火です。これにより,ツルの営巣前に起きれば巣材がなくなり,営巣後であれば巣は焼けてしまいます。
この調査により,これまで考えられていたより多くの繁殖番いを発見できたうえに,新たな営巣地点を発見したため,ロシアにおける保護区設定の資料として役立てることもできました。 

中国
中国のタンチョウも,問題を抱えています。

湿地のヨシは紙の原料として毎年大量に刈り取られ(写真は塩城におけるヨシの刈り取り),繁殖地では巣材の不足,越冬地ではヒトの妨害などを引き起こします。
  越冬地の塩城では,海岸沿いの湿地が大規模な養魚場(写真)や塩田に変えられています。養魚場では冬に水を抜いて,魚を集めて収穫します。この状況は,一面でツルに餌場を提供する結果をもたらします。 
そのため地域住民にも経済的効果をもたらし,ツルにとっても良いことだとする意見があります。しかし,こうしたことは,結果的にツルを人間の活動領域に引き込むことになるのです。
 


 それに中国ではさらに難しい問題が起きています。それはタンチョウの観光化です。タンチョウは中国東北部で繁殖し,南部の東海岸沿いや長江下流域で越冬しています。しかし,観光のため,東北部では冬でも南へ渡らない群れを,南部(塩城など)では北へ帰らない群れを作ろうとしています。塩城保護区の事務所前にはツルと遊ぶ女性像が立ち,新しいゲストハウスも建っています。こうしたことが本来的でない群れの創設や,不用意な観光化により,ツルを人馴れさせる危険をはらんでいるのです。

タンチョウ保護研究グループタンチョウ保護研究グループ

〒085-0036
北海道釧路市若竹町9-21
TEL 0154-22-1993
FAX 0154-22-1993