本文へスキップ


What's New

2010年度4月の飛行調査が終了しました
2010.6.14更新

 4月26日から5月5日まで行った、タンチョウ繁殖状況調査(繁殖期の飛行調査)が終了しました。

 今回の調査は全て4人乗りセスナ機によって行いました。調査期間中に、雨と風による中止が1日、強風による中止が2日あったほか、通常午前と午後の2回飛行するところを、雲や風の影響で1回のみの飛行に終った日が2日あったため、全体では11日間の調査となりました。計12回のフライトで、のべ飛行時間は53時間22分とまる2日以上にもなります。

 今年は昨年悩まされた雪による影響は少なく、例年残雪の多い根室地方北部でもツルの発見に影響を与える程の雪はありませんでした。調査結果については写真などの記録を検討しながら、現在、整理作業を行っています。

 今年は資金不足のために、昨年まで行ってきた5月の2回目の飛行調査は実施できませんでした。したがって、今回の調査結果に補足の地上調査情報を加えたものを、今年の確認繁殖つがい数とすることになります。最終的な数字が確定しましたら、当ウェブサイトにて報告いたします。

 
4時間の飛行調査後に地上に戻った調査員(釧路空港にて)

タンチョウ保護研究グループタンチョウ保護研究グループ

〒085-0036
北海道釧路市若竹町9-21
TEL 0154-22-1993
FAX 0154-22-1993