本文へスキップ


What's New

総数調査の結果がまとまりました
2012.914更新

 2012年1月28日から2月6日にかけて実施した総数調査の結果がほぼまとまりましたのでお知らせします。


 総数は1465羽、その内幼鳥が191羽でした。

 これは記録の補正作業によって確実な最低数(少なくてもこの数は間違いない)で、同時刻には確認できていないが、事前の観察などではおそらく集計には含めていない別のグループと予想できる個体もいるので、実際の数はこれ以上であることが予想されます。

 近年はタンチョウの給餌場への集まり方が以前と変化してきています。大きな給餌場での最大確認数にはあまり変化がないのですが、標識個体の動き等を見ても、最大記録時に給餌場に来ていない(別の場所にいる)個体の数が多くなっているようです。そこで給餌場周辺の観察ポイントでの記録がますます重要で、調査後の補正作業はよりいっそう大変になってきています。

 今年の調査では数の増加傾向が頭打ちになったかもと思われた過去2年間の結果を覆し、依然として増加が続いているということが確認できたという意味で注目される結果となりました。


タンチョウ保護研究グループタンチョウ保護研究グループ

〒085-0036
北海道釧路市若竹町9-21
TEL 0154-22-1993
FAX 0154-22-1993