本文へスキップ

阿寒国立公園の屈斜路・摩周を含めた川湯地域の自然をご紹介

>ENGLISH >スマートフォン版

開館時間/4〜10月 8:00〜17:00
11〜3月 9:00〜16:00
毎週水曜日休館 水曜祝日の場合翌日休館、7月第3週〜8月31日は無休

津別峠tsubetsu touge

硫黄山 青葉トンネル つつじヶ原 アカエゾマツの森 ポンポン山 仁伏散策路 砂湯 池の湯 和琴半島 和琴半島自然探勝路 美幌峠 津別峠展望台 コタン ペケレ山 美留和摩周 キンムトー 藻琴山展望駐車公園 ハイランド小清水725 藻琴山 川湯温泉 摩周第1展望台 摩周第3展望台 裏摩周展望台 摩周岳 西別岳 和琴湖畔キャンプ場 砂湯キャンプ場 和琴キャンプ場 オートキャンプ屈斜路

“らしい”峠道を楽しんで

津別峠

屈斜路湖を南西に見下ろす標高947mにある津別峠展望台は、車で登れるところとしては道東地域で一番高い場所となっています。ただし、この展望台へと続く道道588号は通行可能期間が“だいたい6月から10月まで”と短く、“大型車両は通れません”という制約があるので要注意!舗装はされていますが道幅が狭く、クネクネと曲がっているうえ斜度もある−と、要は“らしい”道。逆にいうと、通行可能期間ならばぜひ立ち寄ってほしい峠なのです。途中、道の両側には針葉樹と広葉樹が交じった森林が続きます。春はところどころに薄いピンク色のアクセントを加えているエゾヤマザクラが、そして秋には赤や黄に色づいた葉が目を楽しませてくれます。エゾシカやキタキツネといった野生動物も、ひんぱんに行き交っていますので、走行には十分注意してくださいね。


津別峠展望台

津別峠

道道588号から脇道に入り2キロほど行ったところに、中世ヨーロッパの古城をイメージさせる外観が現われます。駐車スペースから階段をのぼると、「津別峠」という文字を刻んだ石がドッシリと鎮座しています。晴れていれば、目の前に広がる風景は圧巻です。屈斜路湖の和琴半島はなるほど、「魚の尾がくびれたところなんだな」と確認することができます。その後方には、右から摩周岳、硫黄山、斜里岳、知床半島があり、左には藻琴山があります。視線を反対側に転じると、樹林帯の向こうに雄阿寒岳や雌阿寒岳の姿を望むことができます。建物が開館している時間内(9:00〜19:00)ならば、中にある螺旋階段を通ってさらに上にある展望台を目指しましょう。視界をさえぎるものがなく、グルッと360度の大パノラマを満喫してください。
*トイレは24時間利用できます。


雲海スポットとして大ブレイク!

津別峠雲海

標高が高いだけに、すばらしい眺めとともにウリとなっているのが雲海です。夜が明ける30分くらい前に到着することをオススメします。6月から10月の日の出時間は午前3時40分から5時40分ぐらいといったところ。事前に調べてからお出かけください。薄暗かった周辺に、だんだんと朝日が射し込んできて、雲海を赤く染めていきます。さらに陽が昇ると、今度は青い空に白い雲のコントラストが鮮やかに広がり、神々しい時間が流れてゆきます。雲海がないときは、イコール雄大な屈斜路カルデラを望めるということ。こればっかりは自然の成り行きなので、その場に立ってみないとどちらの幕が開けるかはわかりません。いずれにしても、早起きして行く価値はアリます。夏でも早朝は冷え込むので、防寒対策はしっかりと!

 


フォトギャラリー

アクセス


アクセス(空港・JR・バスの場合)

川湯エコミュージアムセンターより

川湯エコミュージアムセンターより津別峠への公共バスなどはありません。

釧路・釧路空港方面より

釧路空港 ⇒ 釧路空港連絡バス(約45分) ⇒ JR釧路駅 ⇒ JR釧網本線(約1時間40分) ⇒ JR摩周駅・川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート ⇒ 津別峠の麓

網走・女満別空港方面より

女満別空港 ⇒ 女満別空港線(約30分) ⇒ JR網走駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR知床斜里駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR摩周駅・川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート ⇒ 津別峠の麓 

中標津空港方面より

中標津空港 ⇒ 中標津空港線(約30分) ⇒ 中標津バスターミナル ⇒ 阿寒バス(約1時間30分) ⇒ JR標茶駅 ⇒ JR釧網本線(約30分) ⇒ JR摩周駅・川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート ⇒ 津別峠の麓

*えこパスポート期間外は津別峠の麓までの公共バスはございません。ツアーやハイヤーなどをご利用ください。
*津別峠麓から峠までの公共バスはございません。屈斜路エリア宿泊施設または最寄の駅よりハイヤーなどをご利用ください。

アクセス(自動車の場合)

マップコード

739 867 880

川湯エコミュージアムセンターより

川湯エコミュージアムセンター ⇒ 道道52号線・国道243号線(約50分) ⇒ 津別峠

釧路・釧路空港方面より

釧路市街 ⇒ 国道391号線・243号線(約2時間分) ⇒ 津別峠

釧路空港 ⇒ 道道53号線・243号線(約2時間) ⇒ 津別峠

網走・女満別空港方面より

網走市街 ⇒ 国道39号線・243号線(約1時間10分) ⇒ 津別峠

女満別空港 ⇒ 国道39号線・243号線(約45分) ⇒ 津別峠

中標津方面より

中標津空港 ⇒ 道道13号線・国道243号線(約1時間30分) ⇒ 津別峠

その他の探勝路・登山道・探勝ポイントのご紹介

探勝路のご紹介 登山道のご紹介 探勝ポイントのご紹介 
つつじヶ原自然探勝路 藻琴山登山道 硫黄山 ハイランド小清水725
アカエゾマツの森 ポンポン山登山道 川湯温泉 津別峠展望台
青葉トンネル 摩周岳登山道 摩周第1展望台 屈斜路湖・仁伏
和琴半島自然探勝路 西別岳登山道 摩周第3展望台 屈斜路湖・砂湯
美留和〜摩周第1展望台 ペケレ山登山道 裏摩周展望台 屈斜路湖・池の湯
  美幌峠展望台 屈斜路湖・コタン
    藻琴山展望駐車公園 湯沼(キンムトー)
    屈斜路湖・和琴半島

摩周湖の現在の様子

環境省 インターネット自然研究所 「第一展望台からみた摩周湖」

ブログバナー

information

川湯エコミュージアム
センター

〒088-3465
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-2-6
TEL.015-483-4100
FAX.015-483-4111
開館時間
4〜10月 8:00〜17:00
11〜3月 9:00〜16:00
毎週水曜日休館
水曜祝日の場合翌日休館
7月第3週〜8月31日は無休