本文へスキップ

阿寒国立公園の屈斜路・摩周を含めた川湯地域の自然をご紹介

>ENGLISH >スマートフォン版

開館時間/4~10月 8:00~17:00
11~3月 9:00~16:00
毎週水曜日休館 水曜祝日の場合翌日休館、7月第3週~8月31日は無休

硫黄山Mt. iwo

硫黄山 青葉トンネル つつじヶ原 アカエゾマツの森 ポンポン山 仁伏散策路 砂湯 池の湯 和琴半島 和琴半島自然探勝路 美幌峠 津別峠展望台 コタン ペケレ山 美留和摩周 キンムトー 藻琴山展望駐車公園 ハイランド小清水725 藻琴山 川湯温泉 摩周第1展望台 摩周第3展望台 裏摩周展望台 摩周岳 西別岳 和琴湖畔キャンプ場 砂湯キャンプ場 和琴キャンプ場 オートキャンプ屈斜路

アトサヌプリとは

硫黄山

標高:508m
構成:成層火山と溶岩ドーム
主な岩石:安山岩、デイサイト
硫黄山はアトサヌプリとも言われています。アイヌ語でアトサ(裸)ヌプリ(山)で裸の山に由来しています。 山の形は溶岩ドーム状で岩がゴツゴツした印象があり、いまも噴煙活動をつづけています。風景的に素晴らしいだけではなく、せっせと内部に硫黄を蓄積しています。 中央部には数百年前に水蒸気爆発を起こした『熊落し』という火口があり、今も大小合わせて1,500ヶ所以上の噴気孔から火山性ガスを含んだ水蒸気が上っています。この火山性ガスには硫黄成分が含まれているため、硫黄山の周囲は硫黄の匂いがします。噴気孔の周辺が黄色なのは硫黄の成分が結晶化したものがついているからです。 硫黄山は、屈斜路カルデラの中でももっとも遅い時期に出来上がったと考えられています。


硫黄山採掘

硫黄山歴史

硫黄山と人との出会いはアイヌの人々が硫黄山の硫黄を焚付けに使っていたことに始まります。明治の初めには硫黄をマッチや火薬などの原料に使うため、採掘事業が始まりました。これをきっかけに釧路を含む道東開拓が加速し、川湯が世に知られるようになりました。明治20年には北海道で2番目に鉄道が敷かれ、硫黄の輸送を行っていました。 時代が変わり硫黄の需要が減少していき、昭和38年に採掘事業が終了します。そして川湯は温泉湯治場として注目されるようになります。川湯温泉街では硫黄山を熱源とした硫黄泉が湧き出ています。この硫黄泉は泉源が非常に浅く、地下数十mのところを流れています。pHは2前後と強酸性を示し、温泉にはさまざまな効用があると言われています。


硫黄山の恵み

硫黄山

硫黄山が熱源となっている硫黄泉は川湯温泉イチオシの温泉です。 しかし硫黄山は温泉の熱源だけというわけではありません。麓にあるおよそ100haのイソツツジの大群落は日本最大と言われています。6月下旬頃に咲く白いお花畑はまるで白いじゅうたんを敷きつめているようで、広がる景色に見入ってしまうでしょう。 本来、低地のイソツツジは他の植物と混生していることが多く、つつじヶ原のように優占されることはほとんどありません。しかし硫黄山からの噴煙や、酸性土壌など、火山の影響を大きく受ける、他の植物には厳しい環境をイソツツジは好むため、広範囲にわたって自生しているのです。 標高170mにも関わらず、硫黄山の麓には他にも高山性の植物が存在します。ハイマツ、ガンコウラン、ハナゴケです。この植物たちも硫黄山の影響を受けながら自生しているのです。


フォトギャラリー

硫黄山 硫黄山 硫黄山 硫黄山 硫黄山 硫黄山 硫黄山 硫黄山

アクセス

駐車料金

バイク200円 
乗用車500円 
マイクロバス1,000円 
大型バス2,000円
※摩周湖第一展望台との共通券です。
※上記料金で硫黄山駐車場、摩周湖第一展望台を1回ずつご利用いただけます(2日間有効、消費税込)。
※長さ5m以上の乗用車はマイクロバス料金の扱いになります。
※冬季期間中(11月下旬~翌年4月上旬)は休業します。休業中も駐車可能ですが、無料開放中につき、事故・トラブル等に関する責任は一切負いかねます。

アクセス(空港・JR・バスの場合)

川湯エコミュージアムセンターより

川湯エコミュージアムセンター ⇒ 期間限定えこパスポート ⇒ 硫黄山レストハウス

釧路・釧路空港方面より

釧路空港 ⇒ 釧路空港連絡バス(約45分) ⇒ JR釧路駅 ⇒ JR釧網本線(約1時間40分) ⇒ JR川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート(約5分) ⇒ 硫黄山レストハウス

網走・女満別空港方面より

女満別空港 ⇒ 女満別空港線(約30分) ⇒ JR網走駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR知床斜里駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート(約5分) ⇒ 硫黄山レストハウス

中標津空港方面より

中標津空港 ⇒ 中標津空港線(約30分) ⇒ 中標津バスターミナル ⇒ 阿寒バス(約1時間30分) ⇒ JR標茶駅 ⇒ JR釧網本線(約30分) ⇒ JR川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート(約5分) ⇒ 硫黄山レストハウス

アクセス(自動車の場合)

マップコード

731 713 859

川湯エコミュージアムセンターより

川湯エコミュージアムセンター ⇒ 道道52号線(約5分) ⇒ 硫黄山レストハウス

釧路・釧路空港方面より

釧路市街 ⇒ 国道391号線(約2時間30分) ⇒ 硫黄山レストハウス

釧路空港 ⇒ 道道53号線(約2時間) ⇒ 硫黄山レストハウス

網走・女満別空港方面より

網走市街 ⇒ 国道244号線・国道391号線(約1時間30分) ⇒ 硫黄山レストハウス

女満別空港 ⇒ 国道243号線・道道52号線(約1時間30分) ⇒ 硫黄山レストハウス

中標津方面より

中標津空港 ⇒ 道道13号線・国道243号線・391号線(約1時間30分) ⇒ 硫黄山レストハウス

その他の探勝路・登山道・探勝ポイントのご紹介

探勝路のご紹介 登山道のご紹介 探勝ポイントのご紹介 
つつじヶ原自然探勝路 藻琴山登山道 硫黄山 ハイランド小清水725
アカエゾマツの森 ポンポン山登山道 川湯温泉 津別峠展望台
青葉トンネル 摩周岳登山道 摩周第1展望台 屈斜路湖・仁伏
和琴半島自然探勝路 西別岳登山道 摩周第3展望台 屈斜路湖・砂湯
美留和~摩周第1展望台 ペケレ山登山道 裏摩周展望台 屈斜路湖・池の湯
  美幌峠展望台 屈斜路湖・コタン
    藻琴山展望駐車公園 湯沼(キンムトー)
    屈斜路湖・和琴半島

摩周湖の現在の様子

環境省 インターネット自然研究所 「第一展望台からみた摩周湖」

ブログバナー

information

川湯エコミュージアム
センター

〒088-3465
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-2-6
TEL.015-483-4100
FAX.015-483-4111
開館時間
4~10月 8:00~17:00
11~3月 9:00~16:00
毎週水曜日休館
水曜祝日の場合翌日休館
7月第3週~8月31日は無休