2013.05.20
農協の総会が開催されました
 浜中町農協の第66回通常総会が開催され、沢山の組合員が出席されました。政府よりTPP交渉参加が表明され、酪農業界は今後厳しい状況が予想されます。
 これから先の浜中酪農を担っていく次世代へ、しっかり経営が引き継がれていくために、今何をしなければいけないのか。取り組みを考えなければなりません。
 これから就農を目指す皆さんも、今後を見据えてよく考えていきましょう。 N

2013.05.18
***募集中!!***
 最近少しずつ暖かくなり、だんだん”春”が感じられるようになってきました。行者にんにく(こちらではアイヌねぎなんていいます)などの山菜も採れるようになり、これからはいろいろ美味しい時期です。
 既に始めている牧場もあるようですが、あと1週間もすれば、町内のあちこちで放牧風景が見られるようになります。今年は春先の気温が上がらず牧草の成長が少し遅いようなので、酪農家の皆さんも状況を見ながら放牧時期を見定めています。
 
 さて、浜中町では新規就農希望の方だけでなく、酪農業に従事したい方を募集しています。

*酪農業で働きたい!(従業員・アルバイトなどなど・・・)
*酪農に興味があり、実習してみたい!(通い・住み込みetc.)
*酪農ヘルパーになりたい!


という方、当HPお問合せページからぜひご連絡ください!

2013.05.10
近況報告
道新の取材 蒲諸_王国総会

 浜中にもようやく春がやってきました。酪農家の皆さんも春の肥料散布に忙しくなっています。
 新しく担当になりましたNです。しばらく更新されず、ご覧頂いていた皆さんには御迷惑をお掛けしました。これから、浜中町の”今”をどんどんお届けしていきます!

 先日、北海道新聞(道内では”どうしん”でおなじみ)の取材があり、研修牧場で撮影がありました。同紙の「トップの決断 北の経営者たち」というコーナーに掲載されます(5月下旬予定)。研修牧場含め浜中町農協での今までの取り組みなども紹介されるそうです。
 研修牧場では、関西出身の夫婦が昨年末町内で新規就農し、酪農経営を始めました。始めは分娩ラッシュで大変ですが、夫婦力を合わせて奮闘しています。
 
 以前このコーナーで御紹介した、蒲諸_王国の第4回株主総会が開催されました。開牧から3年が経過し、搾乳牛も約280頭と順調に進んでいます。さらに、この牧場で飼養管理技術を修得した企業が町内で牧場経営をはじめ、当初目的の一つであった異業種業者の就農が早くも実現しました。

 TPP交渉への参加が決まりましたが、そんな逆境には負けず浜中酪農は頑張っていきます。最近組合長の口癖は「根拠のない自信を持て」です。大事ですよね。新規就農を目指す皆さんも、どうか自信を持って進んでください!浜中町で待っています!

2012.12.08
冬到来
牧場雪風景

早いもので、もう今年も残りわずかになりました。ついに1123日初雪が降りました。例年と変わらない時期で、朝晩は零度以下になり今年2組入った研修生には少し辛い日がこれから続きますが、皆さん元気で仕事頑張っています。!