2012.5.16
田舎にある便利な機械
春が来たかと思いきや、また一気に気温が下がり、季節がなかなか進まない今日この頃です。

それでも、浜中町でもあちこちで放牧が始まりもう少しすればあちこちで放牧風景が見れる時期になってきています。


今回は浜中町内でも増えてきた、便利な機械をご紹介しましょう。

フリーストール牛舎という、牛が自由に歩いて寝たりエサを食べたりできる牛舎に、最近エサを牛の鼻先まで押してくれる機械を導入する農家がでてきました。

この自動エサ押し機は、定期的に飼槽のエサを牛の顔が届く位置まで押してくれる便利な機械で、普段は牛舎端で充電しながら待機しています。

エサ押しは重要な作業で、散らばったエサを掃き寄せることでまた牛は食べるようになります。たくさん乳を出すためにはたくさん食べることが大切で、人間が何度も牛舎に足を運ぶ手間を省略させてくれるこの機械は、高価なものですが長い目で見ると採算がとれるようです。

そのエサ押し機がこちら↓↓
自動でエサ押し 自分で充電場所へ

回転しながら飼槽の上を走り、障害物をよけてもとの位置に戻る賢いこの機械だけでなく、酪農業界では自動搾乳できる”ロボット搾乳”や、自動でエサを配ってまわる”自動給餌機”などもあります。

どんどんと近代的なものを取り入れつつありますが、その一方で放牧風景など、変わらない景色も残っている浜中町。これからの季節は良い眺めがあちこちで見られるいい時期です。


2012.5.1
春になり・・・
牧場のすぐ近くにも鹿が・・ ふきのとうが顔を出し始めました

北海道でも少しずつ春を感じるようになってきました。
まだ桜前線は来ていませんが、町内を車で走っているとふきのとうがあちらこちらで顔を出してきています。

4月といえば新入生や人事異動の季節でもありますね。
浜中町就農者研修牧場でも場長が異動になりました。

【元場長より一言】

 新年度が始まり、研修牧場も春に向け作業準備が始まり、研修生も自身の夢に向けがんばっております。

 去年の大災害の傷跡がいまだにいえることがなく、テレビで拝見するたび、いまだに行方不明の方、並び放射能の影響で自分の家に帰れない方々の心痛いかがなものかと心が痛みます。1日でも早い復興を私のできる範囲で応援いたしたいと思います。
 私が、研修牧場の場長に就任して
3年が経過、私自身も始めての経験の中研修生に助けられながら、何とか研修牧場の運営を行うことができました、3年間で3名の新規就農者を送り出すことができ、自分の責務を果たすことができあんどの気持ちでいっぱいです。

 この度、親会社である浜中町農協の人事異動により場長の責務を去ることになりました。3年間の短い間でしたが、見学・研修・農業人フェアー等で色々な人々と出会い、自分の見識が広がったように思われます。なお、酪農家個数の減少は加速しており、新規就農者の需要が高まっております。研修生の募集も随時行っておりますので、興味のある方はご連絡お待ちしております。

新場長となり、今年度も更なる意気込みと共に新農業人フェアに出展する予定を立てております。
出展日程も更新しましたので、ぜひご覧下さい!
 


2012.2.29
募集中☆
研修牧場は毎年のように新規就農していく研修生がおり、常に研修生を募集しています。
現在、研修生が少なくなっており、大募集中です!!

酪農に興味のあるご夫婦は是非お問い合わせ下さい^^
就農までの詳細は、別ページの”酪農支援と新規就農”に載せていますので、そちらをご参照ください!


2012.2.13
担い手養成講座
一昨年の様子 今年の様子

今回は町内で行っている勉強会をご紹介します。

浜中町内の将来の農業担い手である、後継者や若い奥さん、新規就農希望者(研修牧場の研修生など)を対象として、”担い手養成講座”という勉強会を毎月開催しています。
この講座は2年かけて、酪農に関するさまざま基礎技術を勉強するものです。先日も講座が開かれ、13名程の受講生が酪農経営についての基礎勉強を行いました。

研修牧場では、牧場内で主に作業技術を、知識や作業の意味は担い手養成講座などの座学でそれぞれ修得し、就農を目指します。

例えば搾乳の手順などは、意味を理解しておかないとせっかくの作業が結果に結びつかない場合があります。

体と頭で技術を身に付けておくと、効率的な作業につながるのです。


〜〜新・農業人フェアのご案内〜〜
今週末の18日(土)、大阪・梅田にて開催される新・農業人フェアに出展します!
お近くにお住まいの方で興味のある方々は、是非会場に足を運んでみてくださいね^^


2012.1.25
久々の積雪で・・・
キツネの足跡
冬版シラカバ
太陽光パネルにも雪が・・・
昼頃には落ちました。
今年に入って初めての、今冬でも久々の雪が浜中町に降りました。
23日に一日中降り続き、気温が高かったので重い雪の除雪に苦労しました。
 
写真は翌日の24日に撮ったものです。
写真を撮りに町内をまわってみると、降り積もった雪の上には私よりも先に歩いた跡が・・・。私も歩き進むと、膝下程まで埋まってしまいました。キツネの足跡が浅かったので意外と積もっていたことにびっくり!キツネって軽いんですね^^;

町内の林の木々には幹にも雪がくっつき、まるで白樺のようになっていました。
昨年建てた太陽光パネルにも雪が積もり、発電ができるのだろうか?と心配しましたが、昼には雪も落ち、発電再開してました。

道東はこれから気温が低くなる予報とのことで、この雪は当分消えはしなそうですね。


2012.1.6
おめでとうございます
研修牧場外観 子牛用ハッチ
親牛のエサ作り 作りたてを美味しく採食♪
新年明けましておめでとうございます!

2012年が始まりました。

浜中町では年末年始にちらほら雪と雨が降り、日中も溶けることなく残っているので、道路や牧場内のあちこちでツルツルになっています。この時期の作業は特に足元に注意が必要ですね。

研修牧場の牛達は、新年も元気に研修生が作ったエサ(TMR:サイレージと濃厚飼料を混ぜたもの)を食べていました。
現在研修牧場には4組の研修生がおり、日中の作業は交代でおこなっています。
冬は比較的仕事の少ない時期ですが、怪我に注意して頑張ってもらいたいと思います。

さて、今年も新・農業人フェアに出展していきます!
まずは1月21日の東京(池袋サンシャイン)に出展しますので、近くにお住まいの方は是非いらして下さい^^
多くの来場をお待ちしております!