2011.12.27
今年の新規就農状況
S牧場(東京出身) A牧場(東京・埼玉出身)
早いもので、今年も残すところわずかになりました。

今年を振り返ってみますと、大きな出来事として一つ目に3月11日の震災の影響で原発からの放射能漏れが起こり、さまざまな作物が影響を受けました。浜中町でも給与していた購入麦稈の一部が汚染されていたことから、牛肉から基準内ですがセシウムが検出されました。
二つ目はTPP問題。浜中町内でもTPP反対の決起集会とデモ行進を行いました。

そして、今年は町内に四組の新規就農がありました。
今年の四組の就農者は三組が研修牧場出身で、内一組は分場が独立したものです。もう一組は町内の後継者のいない牧場に後継人として就農しました。
今年はさまざまなケースの就農でしたが、皆さん経営者としての第一歩を踏み出し始めて頑張っています。
写真は昨年・一昨年就農した二組の今年の様子です。二組とも2年・3年目なだけあって、作業も手馴れた様子でした。

町内では今年を含めると34組の就農者がおり、これは町内酪農家の2割近くを占めます。町内は大きく9つの地区に分かれておりますが、どの地区にも新規就農者がおりまして、地域を支えている方々も多くいらっしゃいます。
これから離農者が増える中、新規にどんどん入ってもらい町の活力となっていってほしいものです。


今年はHPの更新回数が少なかったですが、来年こそは定期的に更新していきたいと思っていますので、ぜひ来年もHP覗いてみてくださいね!
皆様、今年も良いお年をお過ごし下さい***
来年もどうぞ宜しくお願いします^^


2011.11.24
意見交換会(地区懇談会・運営委員会)行われる
地区ごとの懇談会 運営委員会
10月末〜11月始めにかけて、町内の地区ごとでの懇談会が開かれました(写真左)。地区懇談会は農家さんと農協(組合長や課長以上の職員)との意見を交換する場で、農協への要望や疑問を聞く場でもあります。
 この地区懇談会は年に2回程行われており、農家さんは経営者だけでなく奥さんや後継者なども参加し、経営面から生活面までさまざまな話題がのぼります。懇談会で出た意見は農協各課に伝えられ、改善に役立てられます。
 
また、運営委員会(写真右)も11月に開かれました。こちらは各地区・女性部・青年部の代表者数名ずつで構成される運営委員と、農協(組合長・課長以上の職員)とが農協の各事業についての意見等を交換する場です。

このように、農協と組合員(農家さん)との意見を交換する場は毎年必ず行われています。そこでは経営主だけでなく、奥さんや若い後継者などの意見を聞ける貴重な場でもあります。また、組合員にとっても、組合長や農協役職員の意向を知り、意見を述べられる貴重な機会となっています。


2011.11.15
** 初雪 **
2011年の初雪が降りました。

今日は朝から寒く、しばらく外にいるとほっぺたが痛くなってきましたので、冬が来たなぁと感じてところ、昼頃になりチラチラと・・・

例年の釧路地方の初雪は11月13日ということで、ほぼ平年並みのようですね。

浜中町のある道東は比較的降雪量の少ない地域ですが、代わりに道路が凍る”ブラックアイスバーン”が起きやすい地域でもあります。
これからの季節の運転は、突然出てくる鹿のほかに路面状況も注意して走らないと危険です。

そろそろスタッドレスタイヤに履き替えないといけませんね。

2011.10.25
TPP反対集会開かれる
みんなで声をそろえて! 町内でデモ行進

10月24日、TPP反対決起集会が浜中町で行われました。

肌寒くなってきた時期ではありましたが、町内酪農家を始め、地元の業者や漁業関係者300名以上が集まりました。

集会では、”TPP交渉参加断固反対”などを盛り込んだ決議案が採択され、参加者は拳を突き上げて熱い思いを叫び、参加反対を訴えました。
集会後、300名以上の参加者そろって町内をデモ行進する場面もあり、町全体での反対運動は、寒空を吹き飛ばす程の熱気に溢れていました。

2011.9.21
町内での牧草追播研修会
放牧地で追播の効果を確認 追播後4年目の放牧地にて
春に播いた牧草が大きくなりました 午後は室内で研修

 5月にも一度ご紹介しましたが、町内では4年ほど前から放牧地にペレニアルライグラスという牧草の種を播き、嗜好性の向上や牧草密度を上げる試みをしています。

今回は町内酪農家や関係機関などを中心に、講師に雪印種苗の方を招いて追播した放牧地で研修会を行いました。

3箇所(追播4年目2箇所、初年1箇所)の放牧地を見て周りましたが、どの畑も追播したペレニアルライグラスが定着している様子を確認できました。
追播はただ播けばいいというものでもなく、既存の牧草がある中に種を播くため、牧草との競合などを考えて時期や播種量を決める必要があります。

ペレニアルライグラスという品種は土壌凍結に弱いため、道東の浜中町では定着しづらいといわれていましたが、気候の変化からか徐々に定着する可能性が出てきているように感じています。

2011.8.26
ポスター更新しました!
         
浜中町での就農者募集のポスターがこのたび新しく作成されました!
 実際に最近就農した3家族をメインに、これから就農する予定の研修牧場研修生も載っています。

 それぞれ就農した牧場で撮影させてもらいましたが、小さい子や動物はなかなか思惑とおりにならないもので、笑顔でなかったり横を向いていたり・・・という部分もありますが、なかなかいいポスターが出来たんじゃないかと自画自賛しております^^

 これからあちらこちらに貼っていきますので、ぜひナマで見てみてくださいね*


2011.7.28
新・農業人フェアin仙台!
来る8月20日、仙台で新農業人フェアが行われます。
今回は被災者の就業支援として急遽開催されます
(もちろん一般の就農希望者の方も大歓迎!)

今回は虚l中町酪農ヘルパー組合としての出展で、
酪農ヘルパー要員の募集を行いますが、担当者は
当町農協職員ですので、新規就農に関しても是非
お聞きください。

8月20日 13:00〜16:00 仙台TICビル4F
(By 浜中町酪農ヘルパー組合 担当者)

2011.7.25
牛肉の放射能汚染は無し
7月23日、新聞等メディアで取り上げられましたが、宮城県から購入した稲ワラを農協肉牛牧場にて給与しており、稲ワラ検査の結果、牧草換算で国の暫定基準値(300ベクレル/kg)を超える放射性セシウムが検出されました。しかし汚染の疑いのある牛肉を検査した結果、放射性セシウムは基準値以下との結果が出ました。

皆様にご不安をお掛けしましたが、浜中町の牛肉は安全性が確認されましたのでご安心ください。

また、町内の牧草につきましても検査をしており、浜中産の牧草からはセシウムは検出されておりません。もちろん、それを食べて生産される牛乳も汚染されてはおりませんので安心して消費していただきたくお願い申し上げます。

2011.7.22
コープのナイターセール開催☆
大勢のお客さんいらして頂きました 牛乳早飲み選手権!
外で一杯! ビンゴには大勢参加者が・・
浜中町内でも数少ないスーパーの一つ”コープはまなか”では、今年も店舗前でナイターセールが開催されました。

通常は18時に閉店しますが、ナイターセールは18時〜21時まで行われ、普段ではなかなか買えないタカナシ牛乳の他に浜中ビーフや生鮮食品、お菓子など多くの品物が安く売り出されました。
休憩できるスペースや焼肉会場も用意されており、ステージではさまざまなイベントも行われました。

セールには町内の農家さんを始め、大勢のお客さんが家族連れでいらしており、ビールを片手に豚串や焼きそばなど夏の夜を満喫していました。

ラストイベントのビンゴ大会では、一等賞の液晶TVを狙って多くの参加者が数字の発表に耳を傾けていました。

天気も良かったおかげか、この日は札幌大通りのビアガーデンにも負けないくらいの熱気を感じた一夜となりました。

2011.7.1
大阪でお待ちしています!
暑い日が続きますね。
本州では毎日のように最高気温が更新されているようですが、こちら浜中町も暑い6月末でした。
今年はどこまで暑い夏になるのでしょうか・・・

話は変わりますが、新・農業人フェアが明日、7/2に大阪にて開催されます。
浜中町からも担当者2名が皆さんのお越しをお待ちしています。
お近くにお住まいで興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
道産子の担当者たちは大阪の暑さで参っているかもしれませんが^^

2011.6.22
牧草収穫開始!!
きざみサイレージ作り ロールサイレージ作り
浜中町でも1番草の牧草収穫が始まりました。

道内でも比較的気温の低い道東では、毎年6月中旬〜下旬から牧草収穫が始まります。
牧草収穫が始まると、農家さんの願いは天気の良い日が続いてくれること!です。
刈り始めた牧草が雨に濡れると、品質や成分の低下を招くため、この時期はいつも以上に天気予報が気になります。

今週は残念ながら雨マークがちらほら・・・

北海道にもエゾ梅雨があると最近は聞きますが、この時期の雨はご遠慮願いたいものです。

2011.5.26
浜中デイサロン
町内おばあちゃんとスタッフで歓談中
農協の会議室を開放して、週に1回送迎・昼食付きで開かれているデイサロンでは、利用者は街の郵便局や美容室、診療所などめいめいの用事を足したり友人との会話に華を咲かせたり・・・と、自由に過ごしています。
利用者の大半は農家のおじいちゃんおばあちゃんです。

先日のデイサロンには、女性部(農家のご婦人方の会)のメンバーがお手伝いにきており、お喋りをしたり、ゲームをしたりと賑やかなひとときを過ごしていました。
 
日頃利用しているおばあちゃん達にとって、毎週のデイサロンは楽しみの一つとなっているようで、送迎の間も友人同士で話が尽きないようでした。今年の牧草の成長具合が話題にあがる場面もあり、やはり引退しても農家の血が騒ぐようです。
ともあれ、皆さんの元気にはこちらも圧倒されてしまいました。


話は変わりますが、先日研修牧場で放牧や搾乳風景のTV撮影が行われました。
放送予定は6月4日(土)テレビ朝日19:00〜です。番組のどこかで紹介される予定ですので、良かったら是非ご覧下さい^^        

2011.5.16
春の作業開始!!

浜中町にもやっと暖かい日が増えてきました。
まだ桜前線はきていませんが、タンポポがちらほら咲き始め、春らしい景色になりつつあります。

牧草地の緑も多くなり、研修牧場も含め町内の農家さんにとっては糞尿散布や肥料散布作業に忙しくなる時期でもあります。

今回は春の畑作業の中から、追播(ついはん)という作業について紹介します。
採草地の単位収量を高める為や放牧地の牧草密度をあげることを目的として、追播作業を行うことがあります。

先日も町内では数件で追播作業が行われました。
写真左の機械で、牧草地の表面を切る→切り口に牧草の種を入れていくという工程が一度に出来ます。
写真右が追播した後の様子です。縦に切られているのがわかるでしょうか。

追播する時期や表面切る深さをしっかり調整する必要がありますが、比較的安価に牧草密度をあげることができます。