2009.4.28
春の嵐
 先週は全国的に大荒れの天気でしたが、こちらでは吹雪に姿を変え、ずいぶんと積もってしまいました。GW頃まではチラチラと降ることはあっても、今回のようにしっかりと積もることはそうそうないはずなのですが...
 「春が近づいてきた」とお知らせしてきたのに、辺りは真っ白。牧場でも季節はずれの除雪に追われ、畑作業の準備も一旦お休みです。
 真冬に比べれば気温も地表もずっと暖かく水分の多い雪質なので溶けるのは早いのですが、畑に入るのは少し遅れてしまいそうです。 


2009.4.22
デイサロン
 町内にある介護施設とは別に、毎週1回、農協の会議室を地域のお年寄りの方に開放しています。車がないと不便な地域なので、どうしてもお年を召すと出歩く機会が少なくなってしまいます。
 そこで、少し費用は掛かりますが、送迎とお昼ご飯もついているデイサロンを利用して、皆さんにお喋りを楽しんで頂いています。
 それにしても、農家としてバリバリと働いてきた皆さんは本当にお元気で、こちらが圧倒されることもしばしば。これからもどんどん利用していただきたものです。 


2009.4.15
春の雨
 
 朝から久しぶりの雨が降っています。ここ暫くは気温も上がり残っていた雪も殆ど姿を消しました。そして今回の雨で、地面の下に残っていた土壌の凍結も無くなりそうです。この「しばれ」が残ったままだとぬかるみ易くトラクターなどが入れません。
 水分が上手く抜けた今月末くらいには、牧草も新芽の緑もますます強くなり、肥料散布や牧柵の補修など、畑での作業もいよいよ始まり、牧場は忙しくなります。


2009.4.2
春はまだ・・・
ふきのとう 千島桜もまだ固いつぼみ
 4月となりました。先週、東京へ出張に行った際には、満開とはいきませんが可愛らしい桜の花をあちこちで眺めることが出来ました。
 さて、浜中はというとご覧ありさま。生憎の曇り空は置いておいても、まだまだチラチラと雪もふり、白い景色が続いています。昨年の4月1日は、道路も寸断されるような猛吹雪で散々な目に遭いましたが、例年であれば雪はわずかに残るくらい。この冬は、比較的暖かく推移したものの、雪がかなり多かったことが影響しているようです。
 気温は零度をはさんで行ったり来たり。日も確実に長くなっていますが、本格的な春はもう少し先のようです。 


2009.3.17
新・農業人フェア 東京会場
 3/14に東京池袋で行われた農業人フェアに出展してきました。前回の大阪会場に続き、過去最高の1,700人もの方が来場されました。会場は熱気に包まれ、来場された皆さんも出展した我々もお互いにとって、とても有意義な1日になったと思います。
 相談に来られた方で、全くの未経験だが酪農したいという方がおられましたが、なるべく体験研修をしてみるようお勧めしました。北海道まで来なくても、関東近辺で酪農体験研修のできる施設があります。もちろん、浜中まで来て頂けるのであれば体験研修も受け付けます。
 「酪農したい!」と思う方はメールでも構いませんのでまず、ご相談ください。(by場長) 


2009.3.11
税金の申告
 1月には今年の計画を立てましたが、今は昨年の報告、「税金」の申告の真っ最中です。
 浜中は家族経営ばかりですので、個人事業者としての申告がほとんどで、会計士にお願いしている方も多いようです。しかし、最近は伝票や農協の取引データを元に会計ソフトを利用して自分で申告をされる方も増えており、若い後継者やお手伝いする私達、農協職員も勉強しながら作業を進めています。
 自分で決算の処理を行うと単純に会計費用の負担が軽減されることもありますが、経営の中身をきちんと把握する良い機会ともなっています。 


2009.3.6 A
新・農業人フェア 東京会場出展
 来週の土曜日、14日に東京の池袋サンシャイン文化会館にて新・農業人フェアが開催されます。(今回はワールドインポートマートではありませんので、お気をつけ下さい)
 3月は節目となる時期です。新規就農を目指すことは直ぐに決められるものではありませんが、環境が変わったり情報も集まり易く、色々と考えるには良い頃かもしれません。
 東京の桜の開花には1週間ほど早く、まだ少し肌寒いかもしれませんが、是非、会場にお越しください。お待ちしています! 


2009.3.6 @
酪農セミナー開催
 酪農コンサルタントの方をお招きして講演会が行われました。今回は「基本に立ち戻り、牛の行動や動作が何を意味しているのかを考えよう」ということを中心にお話をして頂きました。普段、行っている作業で見過ごしている事・勘違いしている事もあり、興味深いものとなったようです。
 農協主催の勉強会もありますが、年数回、こうした大きな講演等も行われ、農家の方に色々な情報をお伝えしています。


2009.3.4 
樹   氷
 
真っ白 近づいてみると・・・
 場内の白樺はすっかり凍りついて樹氷ができています。最近は日中は暖かく雪が解けますが、夜になると冷え込みすべて凍ってしいます。
 九州ではあと20日もすれば桜の季節でしょうか。浜中の桜は・・・まだ3か月位先です。(by 場長)) 


2009.2.26
新・農業人フェア 大阪会場
大盛況の会場 就農関連の講演もあります
 先週の日曜日、22日に大阪にて出展してきました。不況からニュース等で、農業への就業・就農の話題が多く取り上げられた事もあり、来場者数は今までのフェアでも最高に近い人数だったようです。
 お陰で、いつもより多くの方とお話出来ました。ただ、不安から農業への関心が高まるのも分かるのですが、やはり「農業に就く」ことに前向きに希望を持って検討をして頂きたいと思いました。また、その為の情報をきちんと私達がお伝えしなくては...とも強く感じました。
 このホームページや農業人フェアで気になったことは、どんなことでも構いませんので、お尋ねくださいね。


2009.2.12
新・農業人フェア 大阪会場出展
 来週の日曜日、22日に大阪の梅田スカイビルにて新・農業人フェアが開催されます。前回の大阪会場はお休みしてしまいましたが、今回は出展いたします!
 このホームページをご覧になった上で、気になる点や不安な点がありましたら、是非当日にご来場いただき、お話して頂ければと思います。
お会い出来るのを、楽しみにお待ちしています。


2009.2.5
営農計画
 毎年1月になると、牧場の1年間の営農計画を農協職員と集中的に協議して作成しています。経理上の都合もありますが、春から秋は牛の管理に加えて圃場作業もある為、じっくり腰を据えて考えるには作業が少ないこの時期が一番のようです。
 この協議では単年度計画が主ですが、家族経営が殆どの浜中町では、牧場と家族、両方の展望を考えながら計画を組み立てる必要があります。
 昨年は資材や燃料・飼料の高騰など、酪農家にとっても特に厳しい環境にあり、今年は全体的に落ち着いた予想となっていますが、まだまだ堅実な経営が求められています。